最新スマホ情報センター

2017年最新モデルも!?あなたの欲しいスマホがきっと見つかる!

格安SIMの仕組みを解説③-1 〜いよいよ会社選び〜

格安SIM第三弾 〜会社選び ー ドコモ系列〜>

前回の記事では、格安SIMMVNOにある二つの系統について解説しました。

hikaku-sp.hatenablog.jp

今回はそれを元に格安SIMの会社選びのコツとなるようなことを書いていこうと思います。 

スポンサードリンク

f:id:draemonhawai:20161215235132p:plain

 

  • ドコモ系編 目的別オススメ比較
  1. 通信容量を気にせずにネットを使いたい人にオススメ

    ここでは、毎月25GBのデータ専用SIMを契約する時のことを想定しましょう。

    25GBのデータ専用SIMでが一番安いのはb-mobileです。

    www.bmobile.ne.jp

    25GBでなんと2,380円という驚異の安さ!がっつり使いたい人にはぜひお勧めします!

    本家のサイトで登録すると事務手数料が取られるので、AmazonでSIMを買ってから後で登録する方法がオススメです。

     

  2. がっつりは使わないけどゲームをよくやる人にオススメ

    ここでは、3GBのデータ専用SIMを契約する時のことを考えましょう。

    3GBのデータ専用SIMで一番安いのはDTI SIMです。

    3GBで月額850円。他の楽天モバイル等は月額900円というところが多いです。月額50円も安いのは助かりますよね。

     

  3. スピードはそこまで求めないという人にオススメ

    格安SIMには「○GBプラン」のように、○GBまでは高速で通信できる、というのが一般的です。上で紹介したプランはまさにそれです。しかし、それ以外にも、速度は遅いけど使い放題というプランもあります。

    詳しいことを書くとわかりにくいので、体感的にどんな速さかというと、メール、LINE、音楽やラジオのストリーミングは問題なく使えます。Youtubeは厳しいです。ネットサーフィンは写真が多いと少し時間がかかる程度です。これが許容できるなら、月額525円という驚異的な価格で使うことができます。それはもちろん、楽天モバイルです。

    mobile.rakuten.co.jp

     

  4. 電話やSMSも使いたいという人にオススメ

     ここでは、3GBのデータ通信にSMS、および通話機能をつけたものを見て見ましょう。どちらの場合も楽天モバイルです。

    mobile.rakuten.co.jp

    SMS付きの場合は月額1,020円、通話もつけた場合は月額1,600円と業界最安値です。

  5. 通知が受け取れれば良いという人にオススメ

    自分からネットは使わないけど、メールやLINEの通知は外で見られたらな、、、なんて思っている方のためのSIM、あります。なんと、0円で使えるかもしれないすごいSIMです。 その名も0 SIM!

    mobile.nuro.jp

     500MBまで無料で使えるというこのSIM。通知を受け取るだけなら十分0円で使えます。

どうでしょうか。ここまでドコモ系のSIMを見てきました。最近は競争も激しくなって価格が安くなっていく傾向にあります。特に0 SIMは驚きですね。

次回はAU系のMVNOを見ていくので、お楽しみに!

追記(2016/12/18):

hikaku-sp.hatenablog.jp

 

 

MVNOの申し込みはハピタスから

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

格安SIMの契約にはクレジットカードが必要です。

今なら7000円もらえます。

 

追記(2017.03.28):楽天モバイルより安い!?

hikaku-sp.hatenablog.jp