最新スマホ情報センター

2017年最新モデルも!?あなたの欲しいスマホがきっと見つかる!

HomePod Appleより未来のスピーカー、現る

https://cnet3.cbsistatic.com/img/0oruo7q5rMNpJlVpoKeYoa9Wvb8=/830x467/2017/06/05/6e2d624a-95fe-4910-9956-bf8f6a518044/homepod-pv.jpg

WWDC 2017で、Appleの新製品が発表されました。その中の一つに、HomePodがあります。

iPodではなく、HomePodです。そのHomePodとはなんなのか、みていきましょう。

 

  • 未来のスピーカー

    一言でいうと、この一言に尽きます。私たちが持っているスピーカーは、音を出すのはもちろん、それ以外にもハンズフリー通話機能や音声操作リモコン(音量やストップ、次トラックのボタンなど)があります。また、スピーカーへの接続方法にBluetoothが使えるものもありますね。


    スポンサードリンク

    HomePodはその程度ではありません。

  • Siri

    f:id:draemonhawai:20170711234344p:plain

    一番上の写真にある、天板の上の色がついた部分。あれはSiriです。あのiPhoneMacに搭載されているあのSiriです。このSIriは、普通にiPhoneなどで使える、メッセージ機能や音声検索機能はもちろん、HomePodに関する設定などもいじくれるものと考えられます。

  •  スピーカーとは思えないプロセッサ

    HomePodにはiPhone6やiPad Mini4に搭載されたA8チップが搭載されています。スピーカーの機能が多様化しているとはいえ、そんな、スマホタブレットに使うコンピューターを使う必要はありません。それでも搭載するということは、もちろんSiriに対応するためというのはありますが、オーディオの面で、音響をコントロールする目的があると考えられます。

  • 気になる音響

    f:id:draemonhawai:20170711235237p:plain

    さあ、これをみてどう思うでしょうか。まず、Siriの認識のためのマイクは6つついています。また、高音を出すためのスピーカーであるツイーターは7つ、そして上部には低音を出すための大きなウーファー がついています。

    そして、忘れてはならないのは、HomePod は未来のスピーカーであるということです。HomePodは一つのボディーですが、優れたプロセッサを搭載していることもあって、ルームチューニング機能を持っています。HomePodを置いたところを認識して、適切に音を修正してくれるのです。そして、1つのボディーのスピーカーの課題であった、ステレオ音問題。スピーカーユニットが近すぎることでステレオ感が薄れていました。しかし、HomePodではデジタル処理と壁の反射を使って、仮想的にステレオ感を出せる、スグレモノです。。。Bluetothではなく、AirPlayを使って流します。AirPlayの方がいい音を出せます。

  • その他

    大きさは片手で握ることのできるサイズです。アクティブスピーカーと行っても良いでしょう。また、ステレオ構造ですが、2台買ってセパレートステレオを楽しむこともできます。

 

  • でも、お高いんでしょう?

    Appleの発表では$349、349ドルとなっています。そのまま日本円に直すと約4万円です。4万円で未来のスピーカーが買えると考えれば、オーディオ性能によってはかなり安いのではないでしょうか。発売の12月が楽しみです。 

 

お買い物はハピタス!今なら会員登録で500円もらえます。