最新スマホ情報センター

2017年最新モデルも!?あなたの欲しいスマホがきっと見つかる!

2017年の夏モデルまとめ!

2017年の夏から発売開始のスマホで、人気が出そうなスマホを並べて見ます。

  • ドコモからは8機種

    Xperia XZ Premium

    f:id:draemonhawai:20170714175436p:plain

    2015年に出た、Xperia Z5 Premiumの後継機とも言える端末です。5.5インチの画面に4Kディスプレイを搭載し、HDR動画の再生にも対応しています。ソニーらしい美しいディスプレイです。そして、カメラは1920万画素で、注目すべきは動画です。960fps(1秒に960コマ)の動画が撮影できるので、密度が濃く、また細かいスローモーション動画が撮影できます。スポーツの撮影などに便利です。バッテリーは3230mAh、OSは最新のAndroid 7.1を搭載。色は上の写真の2つで、Deepsea Black、Luminous Chromeです。

     

    Xperia XZs

    f:id:draemonhawai:20170714180100p:plain

    こちらはXZ Premiumの廉価版とも言える端末です。Z5の後継機種といっても良いでしょう。画面の解像度は5.2インチにフルHDの1,960×1,080。XZ Premiumと同じように960fpsの動画が撮影できます。 バッテリーのサイズは2900mAhで、バッテリーの劣化を抑えてくれる「いたわり充電」というシステムが搭載されています。長時間充電していることを察知すると、充電スピードを自動的に落としてバッテリーを保護するというもの。私なんかは、寝ている間にスマホを充電することが多く、とても重宝しそうです。OSは最新のAndroid 7.1を搭載。色は4つあり、Ice Blue、Waem Silver、Black、Citrusです。

     

    Galaxy S8

     

    http://kaigai-blog.info/wp/wp-content/uploads/2017/05/Samsung-Galaxy-S8_1.jpg

    Galaxy S7の後継機です。S6、S7と続けてきたedgeスクリーンモデルは廃止しました。あまり評価が高くなかったようです。また、もう一つの大きな変化は物理ホームボタンの廃止です。 物理ホームボタンをもつスマホといえば、AppleiPhoneSamsungのGalaxyですよね。これでiPhoneもボタンを廃止するのでしょうか... Touch-IDの場所はどこか、騒がれてます

    画面も大きいですね。ベゼルが全くといって良いほどないです。5.8インチのディスプレイですが、幅は6.8cm。縦横比は18.5:9で、従来の16:9ではありません。カメラはメインカメラが1220万画素、インカメラが800万画素と少し物足りないような気がしますが、高速オートフォーカスや手ブレ修正は付いています。HDR動画にも対応。インカメラは虹彩認証や顔認証に使います。 電池容量は3000mAhで、さらに有機ELのディスプレーなので長持ちします。Micro SDカードスロットもあり、Android 7.0を搭載しています。色はOrchid Gray、Midnight Black、Coral Blueの3色です。

     

    Galaxy S8+ 

     

    https://kddi-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/au-com/common/graph/app/scv35_color_01.png?wid=380

    Galaxy S8を大きくしたものです。iPhone 7iPhone 7 Plusと似た関係ですね。6.2インチのディスプレイです。それでも7.3cmの持ちやすさはさすがです。ドコモから発売されるスマホとしては最大サイズのデイスプレイです。電池容量はスマホの大きさを生かして3500mAhのものを搭載。そのほかはGalaxy S8と同じ性能を有しています。色はMidnight BlackとArctic Silverの2色です。

     

  • AUからは7種類 

    ドコモとかぶる端末もあるので、4種類を紹介します。 

    ・HTC U11 

     大本命とも言える端末です。詳しくはこちらの記事にまとめました。

    AQUOS R

    http://www.sharp.co.jp/corporate/news/images/170418-a.jpg

    Sharpの特徴であるIGZO液晶を搭載しています。1秒に120回点滅して滑らかな動きを表現します。カメラはメインカメラが2260万画素、インカメラが1630万画素のカメラを搭載。90度の広角レンズを搭載し、綺麗な写真を撮影できます。電子式手ぶれ補正と光学式手ぶれ補正の2つの手ぶれ補正を搭載しています。

    そして、iPhoneのSiriのように、AQUOSにはエモパーが搭載されています。 そして、付属品の充電台は通知がきたときはユーザーがいるところを探して自動で回転するスグレモノ。

    CPUは最新のSnapdragon 835。オクタコアのハイパフォーマンスチップセットIGZO液晶のタッグなのでゲームも楽しめます。電池の容量は3160mAh、ディスプレイは5.3インチ、OSは最新のAndroid 7.1を搭載しています。色はマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ライトゴールドの3色です。

     

    ・ TORQUE G03

    http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/g03/img/pic_color_gr.jpg http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/g03/img/pic_color_bk.jpg http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/g03/img/pic_color_bl.jpg

    京セラ製のAUオリジナルモデル、TORQUE、トルクの最新モデルです。耐久性の高さが特徴で、1.8mの高さから鉄板に落としても大丈夫というから驚きです。そんなタフなスマホなのに、カメラがすごいんです。135度の広角レンズカメラと1300万画素のメインカメラを搭載。押しやすい位置にシャッターボタンがあります。バッテリーは2940mAh。

     

    ・QUA Phone

    https://kddi-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/au-com/common/graph/app/kyv37_color_01.png?wid=380

     こちらもAUのオリジナルモデルです。

 

ソフトバンクは別の記事で紹介しようと思います。