最新スマホ情報センター

2017年最新モデルも!?あなたの欲しいスマホがきっと見つかる!

Xperia Z Ultraの後継機探し第二弾!

以前の記事で、SONYの人気端末、Xperia Z Ultraの後継機として使える端末を紹介しました。

その記事から半年たった2017年8月現在の後継機種を探してみましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

au Xperia Z Ultra SOL24 Purple パープル
価格:49800円(税込、送料別) 


 

 

  • 基準

    Xperia Z Ultraの特徴である画面サイズが6.4インチ付近であり、またベゼル幅があまり大きくないこと。大きさの割に持ちやすいのが選出基準です。

 

  • Galaxy S8+

    まさしく本命といっても良いでしょう。

    https://cas.nttdocomo.co.jp/flcache_data/product/catalogue/smart_phone/sc03j/mv_01.png

    見ての通り、画面ではない部分、ベゼルが非常に少ないです。画面サイズは6.2インチ。iPhone7 Plusが5.5インチであることを考えると、Z Ultraの6.4インチに近くなっています。少し小さいのですが、18.5:9という少し縦長なディスプレイを搭載しています。横幅はZ Ultraが9.2cmなのに対して、Galaxy S8+は7.3cmで約2cm短くなっています。重さは173gで、212gだったZ Ultraよりも軽くなっています。技術の革新が、確実に大きな端末を持ちやすくしていますね。

    日本の大手キャリア3社から発売されており、簡単に入手することができる端末です。スペックはお墨付き。物理ボタンがなくなり、Micro SD カードスロットが搭載されました。指紋認証も付いています。詳しくはこちらの記事で。

    hikaku-sp.hatenablog.jp

 

  • Mi Mix

    http://image4.geekbuying.com/content_pic/201611/Xiaomi-Mix-4GB-128GB-Smartphone---Black-20161104145945453.jpg

    まずはこの写真をみてください。ベゼルが下の部分にしかないですね。ほぼディスプレイです。まさしく究極Xperia Z Ultraとっても良いでしょう。アスペクト比は17:9という、これまた若干縦長なディスプレイ。ただ、美しさを追求しすぎたあまり、インカメラが下にあるので少し使いにくそうですね。 OSはAndroid 6を搭載しているのですが、Xiaomiがカスタマイズした別のOSを使っています。そこをどうとらえるかですね。また、日本ではまだ未発売なので今の所海外版を使うしかなさそうです。画面サイズは6.4インチ、メインカメラは1600万画素でレンズのあかるさを表すf値は2.0です。インカメラは500万画素。バッテリーは画面の大きさを生かして4400mAh。横幅は8.2cmで、Z Ultraよりも短くなっています。Mi Mixも指紋認証システムを搭載しています。


     

 

  • EveryPadⅢ http://pink-banbi.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_955/pink-banbi/20160110_220221-a9dd2.JPG

    ちょっと古いので標準搭載のAndroidは5.0です。6.8インチのディスプレイで、横幅は9.6cm。重さは237gで少し大きいですね。EveryPad Ⅲのおすすめポイントは、上の二つよりも値段が非常に安いことです。

    なんという安さでしょう。上の2つは8万円以上するというのに...

     

    また、ヤマダ電機でSIMとセットでお得に買えるので、格安SIM派の方にはとてもおすすめです。製造メーカーはLenovoで、Phab Plusの日本版をEveryPadとして売り出しているそうです。 

スマホも大きくなってますね。Z Ultraは大きくするのが少し早すぎたかもしれません。

ちなみにBlackberry Keyoneは横幅7.3cmなのでGalaxy S8+やMi Mixと似た感覚で持てると思います。

 

Ultraは英語では アゥトラ と読むので、「イクスピェリア ズィー アゥトラ」と読んでみましょう(笑)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス